野鳥観察ランキング⇒
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

2015年04月29日

カササギ

IMG_53771_1.jpg




カササギ

別名カチガラスまたは、コウライガラスとも呼ばれてるようです。




IMG_53891_1.jpg




佐賀県を中心とする九州北部に分布するカササギですが、

最近では、北海道南部苫小牧市に

カササギが巣作りの情報があり、

かなり住み着いているようです。




カササギは、ハトぐらいの大きさで、

腹や羽の先が白く、青や碧の光沢のある長い尾羽が特徴です。




IMG_51401_1.jpg




卵は、営巣後すぐに行なわれ、楕円形の薄い緑色をした卵を5〜6個産み、

約17から18日で孵化します。

孵化後22から27日たった5月下旬には雛が巣立ちし、

若鳥から、その後番いを形成して分散し、

個別の縄張りを持つようになります。




IMG_53991_1.jpg




なお、番いの関係は一生続くそうで、

カモたちも番いの関係は一生続くそうです。




IMG_54111_1.jpg





野鳥観察ランキング⇒
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ





タグ:カササギ
posted by シマエナガ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418153170

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

小粋空間